Murayama Yusuke
Murayama Yusuke

Murayama Yusuke

レストラン パマル
  • 法国美食
  • Japan
  • Ogasawara Itaru
    Ogasawara Itaru
    Restaurant consultant
    Tajarin pasta with octopus stew
    タヤリン タコのラグー
  • MIYAZAWA TOMONORI
    MIYAZAWA TOMONORI
    Mandarin Oriental Hotel Taipei ARCADE Teppanyaki Executive Chef
    オマール海老の瞬間燻製🦞ソースアメリケーヌシャンピニオン

    #バレンタイン
  • kikuchi koki
    kikuchi koki
    代官山 ASO Celeste 日本橋
    不知火のセミフレッド
  • Foodion Official
    Foodion Official
    cookbiz
    渡仏後、様々なジャンルの数十軒のお店での修業を経て、2012年に自分の店を構えて7年。ビストロレストランである「abri」が、今年2019年にミシュランガイドフランス版で一つ星獲得。オープン以来7年間に渡って、予約が取れない大人気レストランを経営し続ける日本人シェフ、沖山氏にお話を伺いました。

    骨太で強い精神を持つ氏。独自の考えには、理念がありました。
    「独立したい料理人は多いけど、独立が全てじゃない。大所帯向きの人はいるからそういう場所で給料もらって料理するというには、それはそれで一つの人生だと思います。
    まずは自分がどうしたいのか、自分に向き合うこと。若手かどうかに関わらず、何のために料理をやっているか自分の中で答えを出す必要があります。何のためにやっているかわからないとテクニックやレシピに走ってしまう。」

    沖山克昭/abri(アブリ)
    なぜ料理をするか。自分に向き合い、答えを出したことで生まれた理念
    https://foodion.net/interview/katsuaki-okiyama?lang=ja


    インタビュータブからご覧いただけます。
  • Foodion Official
    Foodion Official
    cookbiz
    「オテル・ド・ヨシノ」手島純也氏の受け継ぎたい一品:和歌山産アワビのパイ包み
    https://foodion.net/creative/hoteldeyoshino?lang=ja

    「hotel de yoshino(オテル・ド・ヨシノ)」料理長として活躍中のシェフ手島純也氏。
    同店では和歌山の幸を活かした軽やかなクラシックフレンチを提供し、遠方からわざわざ食事のために訪れるフーディたちをも虜にしてきました。

    その氏から受け継ぎたい一品を紹介していただきます。
    今回作っていただいたのは、和歌山産アワビのパイ包み。料理ポイントは、

    1.時間と手間を惜しまず、一つ一つの工程を丁寧に準備
    2.何回も作る。最後は気温・湿度とお客様の様子で料理をチューニング、うまい!を仕上げる

    となっています。詳細はぜひ上記リンクから、ご確認ください!
  • 鶴見 昌史
    鶴見 昌史
    Crane クラネ
    オマール海老 真鯛 蜜柑
  • Imai Kazumasa
    Imai Kazumasa
    ペペロッソ
    ぼちぼちですね

    これからかけなおし

    #クボタtrs600
    #耕運機
    #農業
    #除草
    #ロータリー
    #陽菜Smile
    #馬力
    #Rotarytiller
    #coltivatore
    #農業機械
    #耕転
    #テーラー
    #普及は戦後
    #コンパクトで高性能
    #耕耘作業の中心はトラクター
    #小区画の耕地はオススメ
    #歩行型トラクター
    #オーストリア
    #アーサークリフォードハワード
    #ArthurCliffordHoward
    #耕耘作業
    #代掻作業
    #管理作業
  • Yumiko N
    Yumiko N
    クックビズ 広報
    #堂島#大阪
    #いくら#ウニ#キャビア#寿司
  • Yumiko N
    Yumiko N
    クックビズ 広報
    #堂島#大阪
    #土鍋のトリュフごはん
  • Yumiko N
    Yumiko N
    クックビズ 広報
    おにぎり
  • Takemoto Yoshiaki
    Takemoto Yoshiaki
    D'ORO
    鹿児島県出水市産、野生の真鴨(コルベール)。米や玄米を餌に縄猟で捕らえられたものです。

    一枚に捌き、フォアグラやピスタチオ、鴨のハツ、レバー、砂肝などを詰めロール状に成形し、ゆっくりと火入れをしたヴァロティーヌ。
    鴨の骨からとったフォンとシェリーヴィネガー、蜂蜜でソースに。
    餌となる米を使った付け合わせは、ムール貝と白味噌のペーストを塗った焼きおにぎり。

    素材を余すことなく使うことで、命を頂くことの有難さを感じて頂ければ嬉しいです。


    D'ORO hatstudai

    2-40-1, Honmachi, Shibuya-ku, Tokyo, Pleiades Hatsudai first floor

    03-3373-0555
    #ドーロ#ドーロハツダイ#イタリアン#モダフレンチ#米#ジビエ#鴨#ディナー#フォアグラ#イノベーティブ#ガストロノミー#秋#冬#前菜
    #wild#rice#gibier#viande#duck#dinner#foodstagram#foodies#foodlovers#finedining#foodphoto#gastronomy#gastroart#christmas#winter#appetizer
  • 村上 建司
    村上 建司
    ダイヤモンドダイニング
    #前菜#サーモンムース#アリスレストラン 
  • Ogasawara Itaru
    Ogasawara Itaru
    Restaurant consultant
    Quail ham with liver sauce
    うずらのハム レバー入りサルサヴェルデ
  • Mazzocco Alberto
    Mazzocco Alberto
    Osteria Don Alberto
    •Gelatina de cajeta, crema ácida, miel de abeja, polen•

    Follow me on Instagram: Alberto Mazzocco

    #AEME#amm#foodion#appetizer
  • Ogasawara Itaru
    Ogasawara Itaru
    Restaurant consultant
    Horse meat brezaola and beetroot salad
    馬肉のブレザオラ ビーツとザクロのサラダ仕立て
  • Ogasawara Itaru
    Ogasawara Itaru
    Restaurant consultant
    Tajarin pasta with monkfish sauce and girolle mushroom
    タヤリン アンコウのラグー ジロール茸
  • Ogasawara Itaru
    Ogasawara Itaru
    Restaurant consultant
    Pumpkin and white chocolate cream catalana
    かぼちゃとホワイトチョコのカタラーナ
  • Imai Kazumasa
    Imai Kazumasa
    ペペロッソ
    第2部 『楽しみ方提案』を含めたプレゼンテーションも芸術の1つとして評価される。今回の弓削シェフの作品でいえば、温めた"みりん"を審査員に配ってペンネゴルゴンゾーラとのペアリングを楽しんでいただいた。

    弓削シェフ自ら審査員に配る姿勢も日本的であると評価された。
    私自身も見ていて心踊るパフォーマンスであった。
    みりんを温めて飲むという発想は我々の帰国を待つ三軒茶屋のお燗番長からの流れを汲むものであると思われる。

    今回の弓削シェフの勝利は、弓削シェフの熱い情熱や溢れ出る才能はもちろんのこと、弓削シェフをサポートするメンバーの力も大きいだろう。
    多くの人に愛される弓削シェフ。
    team japan team Yugeの名の下に日本を代表する様々な分野のプロフェッショナルが弓削シェフを愛し、支えた。

    愛され能力が今大会にも反映され、結果的に世界で1番愛されたシェフとなった。 《料理は愛情》そんなよく聞く言葉を弓削シェフから伝えられた気がした。

    バリラのコンテストの評価として最後に多く語られる事に、《メディテラネアであるか》、《イタリア的であるか》ということがある。 イタリアの伝統的な食文化への敬意を表現しなければならない。予選から決勝まで圧倒的な支持を得て勝ち抜いた今大会での弓削シェフの作品はイタリア人のパスタの根底にある想いを引き出すような一皿となっていた。

    2020年パスタにて世界への挑戦を考えている35歳以下の挑戦者の皆さんにはぜひ今回の話に耳を傾けて欲しい。

    バリラのパスタは様々な料理方法により、世界各地に広がって根付いたパスタである。

    イタリア全土を周遊して、イタリアでも北から南までバリラのパスタは多くの地域で販売されているのを目の当たりにした。

    今ではパスタの無い国は少ないと言われるほどに、パスタは世界中に普及し愛されている料理でもある。

    多くの人に愛されるパスタ。
    愛されるには理由がある。

    人種を超えて多くの人に支持されているパスタ。

    パスタが本当の意味で世界共通の料理になる日は近いだろう。

    バリラパスタワールドチャンピオンシップ2019終了後にイタリアの北から南までのいわゆるその地の郷土料理のマエストロと呼ばれるマンマやシェフの元を訪ねて回っている。
    イタリア本国にてその地の味を守る彼らに、今回の日本の優勝を伝えたところ、口を揃えて本質のある料理人でいつづけて欲しいと伝えられた。日本が優勝したその先の在り方を常に提案され続けた事から、マエストロ達の"イタリア料理の中に生きる時間の流れ方"こそ【本質】であると私は確信した。

    #弓削シェフ
    #SALONE2007
    #パスタワールドチャンピオンシップ
    #PastaWorldChampionship
    #マスターズオブパスタ
    #バリラ
    #Barilla
    #MastersOfPasta
    #BarillaMasterofPasta
    #paris
    #パスタ
    #pasta
    #パスタの今後
    #イタリア料理の今後
    #PastaWorldChampionship
    #🍝
    #barilla
    #バリラ
    #池ノ上
    #イタリアン
    #ペペロッソ
    #イタリア
    #パスタ
    #パスタ料理
    #パスタ大会
    #世界のパスタ
    #世界のパスタ料理

    @barilla
    https://www.barilla.com/en-us/pasta-world-championship-2018

    池ノ上のイタリア郷土料理店ペペロッソ
    https://www.peperosso.co.jp/
  • Yumiko N
    Yumiko N
    クックビズ 広報
    #italian 🇮🇹#pasta#osaka
    生ハムと旬野菜 トマトチーズパスタ
  • Yumiko N
    Yumiko N
    クックビズ 広報
    ハードパン多め🍞🥖🥪
    #谷町四丁目#osaka
  • cagampang mark
    cagampang mark
    3bk restaurant
  • Joleini Mamali
    Joleini Mamali
    Lazzaroni Trattoria pizzeria
  • 小林 光
    小林 光
    京都の老舗レストラン
    鴨ロースとオレンジのサラダ仕立て
  • Hisaoka Kampei
    Hisaoka Kampei
    Chef de cuisine at PARK HYATT KYOTO
  • Yumiko N
    Yumiko N
    クックビズ 広報
    #たこ焼き#福島#大阪