理 齋藤
理 齋藤

理 齋藤

元Foodion編集長
  • Japan
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    恵比寿のとりなご。
    かもすきを大量のネギと、透き通っただし汁で頂きます。

    中心にあるつみれも実に美味しい。
    もともとは福知山のお店なんですね。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    三田のホルモンまさる。
    ホルモン屋にしては珍しい、時間制のお店ですが、大人気でお客さんにあふれてます。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    サローナマーケットという、テルアビブのフードホールでランチ。いわゆる今時な感じのお店が集まり、かなり繁盛してます。

    イスラエル、アラビア系もあればイタリアン、ハンバーガー、ラーメン、シーフード、中華街、寿司など、かなりたくさんの店が連なっていて見てるだけでも楽しい。

    レストランだけでなく、チーズやデザートの専門店まで。お土産で欲しい!しかし、個性の強いお店によるフードホールは、もはや世界的な流れですね。

    ということで、パスタバーで、パスタとワイン。ビールじゃなくてワインなんです。

    というのも、宿で同室のドイツ人が、イスラエルのビールの値段に怒ってたのを見て、今更ながらビールよりワインが安いことに気づいたから。彼いわく、「ビールは水より安いもんだろ!!」

    いや、そんなことはないと思う。。。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    ぶらりFoodionの旅。
    テルアビブで、ランチを食べるべく、Foodionを使って探したレストランへ!

    店の名前を冠したKirkasバーガーはメディアムレアのビーフがたまりません。さらに、なんとズッキーニのカルパッチョをおまけでつけてくれたり。とてもおいしい!日本だとあまり食べたこと無かったですが、かなり日本人好みの一品。

    もう、酒を飲むしかない!ということで、イスラエル🇮🇱ビールを飲みすぎて顔がやばい。

    シェフのLevyは、Foodionはナイスサービスだとほめてくれました!サービスのイスラエル美女(たぶん奥様??))ともしれっと2ショット撮らせていただきました!イスラエルはホントご飯おいしいです!
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    #ふらりFoodionシェフの旅

    尾山台のフレンチ🇫🇷、a Bee(アベー)さんへ。

    シェフが自ら見つけて来た産地の食材から実家で取れた野菜まで、素材を丁寧に使われており、とても染み入るお料理でした。阿部シェフの大げさ感のない淡々とした説明も、また食欲をそそる。

    お店の雰囲気も、地元にとけ込んでいて素敵。

    尾山台、あんまり行かないのですが、また行きたいです。阿部シェフ、ありがとうございます!
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    グレープリパブリックの新作、武田信玄ボトル。

    今月いっぱい、藤巻さんがサービスとして戻ってきている渋谷のbiodinamicoにて。

    何で武田信玄なのかを聞いたところ、武田家の後継御三家のうち一家が、藤巻家だそうで。。。

    言われてみれば、藤巻さん、信玄感あります!
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    家庭でできるモダンな料理のためのガイド「モダニスト・キュジーヌ」。ついに我が家に!全六冊の原著を一冊にまとめたのがこちら。

    デカい、とにかくデカい!!「Cooking for geeks」も、少し近いテーマで凄く面白い本でしたが、それと比べてもとにかくサイズ感が凄い!

    マイクロソフトの初代CTOのネイサン・マイアーボールドによる共著。14歳で大学に入った彼ですが、料理は9歳からスタート。何というか、40歳でセミリタイアしたのは料理に没頭したかったからじゃないか。

    「料理界には明らかに断面萌えの流れが来ている」と言っていたのは堀江貴文さんですが、この本も断面図解が凄い。電子レンジとかほんとにぶった切っているのでは。「電子レンジは、最も過小評価されてる調理器具の一つ」とか、解説がまたふるってます。

    本全体的に流れる「学研の科学」感、嫌いじゃない。3/4は、おうちでも作れるレシピだよ、とのこと。試していきたい。モダニスト・キュジーヌの定義も、なされていて素敵です。

    ちなみに、現代は「Modernist Cuisine: The Art and Science of Cooking」なのに、日本語版からはアートもサイエンスの語も外されてるのが悲しい。やはり、そうすると日本だと売れなくなるのだろうか。むぅ。むしろ、そのテーマで興味がある方々も多いと思うのですが…。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    靱本町のがくさんへ。
    秋を感じさせる繊細な一皿にシビれます。ああ、日本人に生まれてよかった。

    今川さん、ありがとうございます!
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    ちょうど、三ノ宮で打ち合わせがあったので、帰りに神戸三宮東急REIホテルでランチを。

    Foodionでよく投稿されている宮本シェフにもご挨拶させていただきました。爽やかなナイスガイ!お忙しいところ、ありがとうございます!
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    Foodionで、ずーっと行きたかった山形のパ・マルさんへ。本当に美味しい素材で感動。小学生の子供二人を連れていきましたが、偏食の多い子供たちも満足していただいておりました。

    #東北ガストロノミー最高
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    麻布十番の四川料理、「飄香」へ。
    酔っぱらい海老
    四川ダック
    ハツとハチノスの辛煮込
    麻婆豆腐
    キヌガサダケと金華ハムのスープ

    どの一品をとっても実においしい、丁寧なお仕事。燗の紹興酒と合います。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    バスターミナルの近くの海老そば屋。
    海外で食べたラーメン系譜のお料理で一番好きな味かも。
    海老の風味と出汁、香草の香りがめちゃめちゃ美味しい。

    スープがなくなると閉店だそうです。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    地上33階で、ビールを醸造するLevel33。

    マリーナベイサンズを見ながら、醸造したビールを飲み比べ。つまみのタコのマリネも大変美味しい。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    新鮮な生のエビをニンニクと唐辛子で和えたマリネ。かなり辛いけど、止まらない。

    シンガポールのリトルタイといわれるエリアのショッピングモールにあるタイ料理屋にて。値段もリーズナブルでおすすめです。

    なんと、24時間営業。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    西天満の老松 喜多川へ。

    久しぶりに伺いましたが、季節をふわりと感じさせる素晴らしいお料理の数々でした。
    先付けは、ホワイトアスパラガスに二種類のウニが和えられていて、たまりません。

    桜海老の炊き込みご飯はお土産でオニギリに。
    朝起きて、改めて昨晩への思いを馳せます。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    Foodionの開発メンバーと共に、「Foodionシェフに会いに行こう!」というテーマで、谷町6丁目のイタリアン「ル・アイ」へ。

    シェフの森田さんは落合シェフのもと、「ラ・ベットラ」で修行をしていたそうです。タコを揉むだけに1時間かける、静かな情熱の森田シェフ。

    「Foodionに投稿するシェフ👨‍🍳はただ者ではないものを持ってるのではないか」という仮説がありましたが、期待にそぐわぬ素晴らしい料理で非常に美味しく堪能させていただきました。

    森田シェフ、本当にありがとうございます!
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    三軒茶屋の「ととし」。
    お造り盛り合わせ、生牡蠣、描きバターの吹き大根、ノドグロの煮魚、若竹の釜飯など。

    カウンターで割烹を頂きました。
    丁寧なお仕事で堪りません。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    大阪、福島駅すぐの人気焼き鳥屋の「かしわや 闘鶏」へ。

    大将の志賀さんと奥様の二人で切り盛りされており、とてもお忙しいそう。そんな中でも丁寧に焼き上げられています。ただ、本当に忙しそう!!
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    宇和島で鯛飯。

    だし醤油にみりん、生卵、鯛の刺身と海苔が入っております。

    ご飯にかけて食べるといくらでもいけそうです。ふかの湯ざらしもあわせて。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    銀座の二つ星スペイン料理、スリオラ へ。

    はじめの前菜にガツンとぶん殴られ、そのまま絶品が続きます。恐るべし、スリオラ 。

    しかし、ワインでマリアージュすると、絶対に飲み過ぎるという罠。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    大阪、肉の万両。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    白金台のイタリアン、「ロマンティコ 」。
    「アントニオ」出身の寡黙なシェフの作るイタリアンは、本当に本当に美味しい。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    焼き鳥屋ですが、馬のレバ刺しが食べられます。
    さすが鳥栖。
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    ラ・フィネスの杉本敬三シェフの料理がビストロプライスで食べれる奇跡のイベントに妻と参加。

    いや、これはビストロというか、ほぼ、フルコース並み。

    台風接近により大雨の天候でしたが、素晴らしい体験でした。そしてペアリングワイン飲み過ぎた。。
    #ラフィネス
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    三軒茶屋のペペロッソさんにお伺いしました!
    タコ墨のアイス風味の突き出しや、馬肉の生ハム、ウニクリームのパスタなど、非常に美味しゅうございました!

    サービスの方々にも素晴らしいおもてなしをして頂き、同行者2名も感動しておりました。

    今井シェフ、ありがとうございます!
    #ペペロッソ#サービスも素晴らしい
  • 理 齋藤
    理 齋藤
    元Foodion編集長
    大阪、北新地の鮨ほしやまへ。
    丁寧な仕事の、素晴らしいお寿司。
    美味です。