Official Foodion
Official Foodion
cookbiz
渡仏後、様々なジャンルの数十軒のお店での修業を経て、2012年に自分の店を構えて7年。ビストロレストランである「abri」が、今年2019年にミシュランガイドフランス版で一つ星獲得。オープン以来7年間に渡って、予約が取れない大人気レストランを経営し続ける日本人シェフ、沖山氏にお話を伺いました。

骨太で強い精神を持つ氏。独自の考えには、理念がありました。
「独立したい料理人は多いけど、独立が全てじゃない。大所帯向きの人はいるからそういう場所で給料もらって料理するというには、それはそれで一つの人生だと思います。
まずは自分がどうしたいのか、自分に向き合うこと。若手かどうかに関わらず、何のために料理をやっているか自分の中で答えを出す必要があります。何のためにやっているかわからないとテクニックやレシピに走ってしまう。」

沖山克昭/abri(アブリ)
なぜ料理をするか。自分に向き合い、答えを出したことで生まれた理念
https://foodion.net/interview/katsuaki-okiyama?lang=ja


インタビュータブからご覧いただけます。