向いてないと大反対されつつ始めた焼き鳥屋がミシュラン店に

あやむ屋
永沼 巧

■料理業界に憧れ、食べ歩きした社会人時代

どのようなきっかけで料理業界へ入られたのでしょうか?

永沼氏:
子どもの頃も学生時代も、料理を目指す気持ちは全くなかったです。出身は北海道なのですが、大学で東京に出てきて、自炊くらいは普通にしていましたけれど…

興味を持つようになったのは社会人になってから。商社に就職をし、赴任地が大阪だったので関西で暮らすようになったのですが、勤務時間が比較的自由で。そこで朝早く起きて仕事を片付けてから、夜にいろいろな店へ食べ歩きするようになりました。そうして食べ歩いているうちに飲食業に興味を持つようになったのです。大きな会社に勤めていても、その会社で社長になれるわけでもないですし、この先どうしようかなぁ…という気持ちもありましたね。

会社の仕事はどうしても要領のいい人間が上に上がっていきますから、どこか不公平感は感じていましたが、会社が嫌になって辞めたということではないんです。いつの頃からか「将来は飲食店をやりたい」という気持ちがどこかにあって、焼き鳥屋か、カレー屋か…長い修行を必要としない業種を選んで、いつか店をやってみたいとずっと思っていました。

脱サラしてお店を立ち上げられたのですね。会社を辞める時はどんな感じでしたか?

永沼氏:
会社を辞める相談を妻にしたところ、とても反対されましたね(笑)。説得して会社を辞めるのに1年半ほどかかりました。安定した会社でしたし、僕はあまり接客向きの人間ではないので「接客業なんて絶対に向いてない!」と周囲の反対の声がすごかった。でもどんなに反対されても僕にはあまり失敗するイメージは無かったです。結果的に失敗だったのか、成功だったのかは…正直、今も解りません(笑)。でも好きな仕事ができているので不満はありません。

焼き鳥の持つ気軽さと奥深さが魅力

焼き鳥屋を選んだ理由は何だったのでしょうか?

永沼氏:
食べ歩きと言ってもサラリーマンですから高いフレンチや和食店よりも、焼き鳥や居酒屋に行くことが多かったのですが、当時は焼き鳥といえばチェーン店ばかり。きちんとした料理やお酒を提供している店がとても少ないことに気づいたのです。そこでちゃんと仕込みをして、お酒も色々とおいてある焼き鳥屋を作れば需要があるのでは?と考えました。

焼き鳥屋って気楽に楽しめて敷居が低く、食に興味を持つ若い人でも入りやすい。けれど知ってみると、とても奥が深くて…そういうところにもひかれました。もちろん年齢的にも30代で、これから和食の修行をするのはちょっと難しいですから、チャレンジしやすいかな、という思いもありました。焼き鳥の奥深さに気づいたのは、江坂の「景気屋」という店へ行ったことがきっかけです。肉の焼き方がとても上手で、味が全然違っていたので「焼き鳥は焼き方でこんなに味が違ってくるのか!」と知ったのです。

あやむ屋

お問い合わせ
06-6455-7270
アクセス
大阪府大阪市福島区福島5丁目17−39 楠ビル 1F
福島駅から徒歩1分
営業時間
17:30-21:30
定休日
日曜、祝日