鮨職人であることが存在意義。鮨というステージで、「主役」になることに魅せられて

鮨 ほしやま
星山 忠史

鮨ほしやま 星山忠史

■鮨職人であること。それが存在意義

鮨職人の魅力を教えてください。

何度も言ってますが、「かっこいい」ことに つきますね。他に何もできないというのもありますが、もしもう一度15歳に戻っても、僕は鮨職人の道を選ぶと思います。
それに、お客さんと関わる喜びも大きいです。お客さんとの距離が近いし、やはり鮨を食べてもらい、「おいしかった」と喜んでもらえるのは嬉しいですね。
鮨職人は、主役になれるんです。鮨というステージで、自分の存在意義を感じられる。それってなかなかできることじゃないと思うんです。それが一番の魅力ですね。

(聞き手:市原 孝志、文:高瀬 真倫、写真:岡 隆司)

鮨ほしやま

鮨 ほしやま

お問い合わせ
06-6344-1128
アクセス
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-9-9 谷安ロワビル 3F
JR東西線北新地駅より徒歩7分
営業時間
17:30~23:30(L.O.22:00) 日曜営業
定休日
火曜日
求人情報
鮨 ほしやま